Getzner Werkstoffe GmbH

Getzner Werkstoffe GmbHの商品とサービス(20)

振動ダンパー
ゲッツナーの開発した素材である Sylomer®(シロマー)は、市場でも最先端の防振素材として認められています。当社の専門スタッフが現地のパートナー企業と協力し、お客様の事情に特化した全体的なソリューションを提供します。そうして、例えば吊り天井を取り付けるというソリューションが割り出され、効果的に騒音が遮断されます。振動や騒音に悩まされている空間も、Sylomer®(シロマー)をプロの手で的確に設...
人間が動くと、自身の体重と自身の動きによって、騒音が引き起こされます。この時に発生した足音は、壁や天井を通して隣接する部屋に伝わり、騒音として認知されます。集合住宅の建築では、ドイツ工業規格 DIN 4109 に値が定められています。そこで設計技師は、振動する構造部品の接合を遮断して、不要な音の伝播が抑えられるようにします。床のマウントは全面支持、帯状支持、または点支持で取り付けます。新築の場合は...
ゲッツナーの弾性体マウントは、軽量機器、重量機器、あるいはエンジンなどの騒音や固体伝播音を最小に抑えます。マウントは全面支持で行うことができますが、帯状支持や点支持でも十分な結果が得られます。ゲッツナーの機械マウントは、例えば空調設備、織機、エンジン、発電機などに利用されています。弾性体マウントで防振することによって、機械の作動条件が良くなるばかりでなく、メンテナンスインターバルが長くなるというメ...
現代の鉄道軌道では、スラブ軌道システム(バラストを使用しない軌道)が採用されるケースが増えています。ゲッツナーの高弾性タイプレートパッドは、そのような軌道に弾性を持たせるのに最適です。タイプレートパッドは、タイプレートとスラブの間に敷設します。 この弾性タイプレートパッドはレールからかかってくる負荷を分散し、車輪およびレール表面の形状の不規則性に由来する振動を軽減します。タイプレートパッドの剛性分...
ゲッツナーのバラストマットを敷設すると、鉄道軌道に高い弾性を持たせることができます。バラストマットを敷設すると、二次空気伝播音や振動が減少し、バラストの割れや摩耗が少なくなります。それぞれの案件に要求される技術的条件を考慮して、適切なマットを選定します。 マットの動的剛性を各プロジェクトの条件に適合させているため、ゲッツナーのマットは大変高い防振効果を提供します。特に、その品質の高さと経済性は傑出...
ゲッツナーの素材は、整形外科肌着の側面用プロテクターにも使用されています。医療技術の分野では、Sylomer®(シロマー)を使ったプロテクターが、骨盤の保護用に使用されており、大腿骨頸部骨折およびその他の負傷を防止するのに役立っています。ゲッツナーのプロテクターは、皮膚に優しいという点と洗浄消毒が簡単であると言う点で優れています。
ゲッツナーの得意とするのは、振動に関する問題を技術的手法で解決することです。鉄道軌道に特化したソリューションや、機械、さまざまな台座、建築物のマウントの開発の分野において、ゲッツナーは世界中の市場でその技術を提供しています。当社は、お客様の事情に特化して製品および素材を開発し、シリーズ生産することのできる製造技術および工程ノウハウを有しています。
床構造の弾性マウントは、固体伝播音を最小に抑え、許容値基準をクリアするのに貢献します。このような構造は、特に、ヨット、バス、軌道車両、音楽スタジオ、ルームモジュールなどに利用されています。Sylomer®(シロマー)にマウントされた床は、その側面が弾性マウントされた壁と繋がります。こうして、全体が弾性体でマウントされたルームインルーム構造が出来上がります。これによって、さまざまな負荷が吸収され、居...
軌道パッドは、レール底部に直接取り付ける、弾性ポリウレタンマットです。剛性(やわらかさ)が定められており、バラスト上部構造の弾性を高めます。荷重分散が改善されるので、電車等の乗り心地が良くなり、上部構造を保護することができます。弾性が増すので、上部構造のコンポーネントおよび車両の摩耗が軽減されます。 ゲッツナーでは、本線から路面電車に到るまで、求められるあらゆる剛性(やわらかさ)と各種仕様に対応し...
建築物に Sylomer®(シロマー)を使って弾性マウントを施すと、周辺からの振動の伝達を、効果的に減衰させることができます。ゲッツナーのコンピューター補助による演算を使って、事前にその建築物が見舞われるであろう振動がどれくらいのものであるかを正確に算出することができます。算出された振動や騒音が規定の値を超えるようであれば、防振技術を使って建築物への振動の伝達を減衰させれば、求められる数値に到達す...
マクラギパッドは緩衝材として使われ、レール下のバラストの保護、レール保持安定性の向上に役立ちます。高速区間にも重荷重区間にも、そして改修予定の区間にも敷設できます。 マクラギパッドはマクラギ製造工程で、最適化された接続システムを使って取り付けられます。そのため、作業現場では一切の追加作業を行う必要がありません。取り付けは迅速に、天候の影響を受けずに行うことができるため、路線の遮断も短時間で済みます...

ニュース

ニュースはありません。企業にご連絡ください。
所在地
Herrenau 5
6706
Bürs
オーストリア
業種
製造元
輸出地域
グローバル
証明書
EN ISO 14001:2015
EN ISO 9001:2015
管理
Ing. Jürgen Rainalter

Getzner Werkstoffe GmbHについて

ゲッツナー・ヴェルクストッフェ社(Getzner Werkstoffe GmbH)は、鉄道、工業、建築分野における防振技術のスペシャリストです。1975年より当社は防振・減振のための素材の生産を開始し、現在この分野では世界的なマーケットリーダーとして認められています。ハイテク素材 Sylomer®(シロマー)および Sylodyn®(シロディン)は、自社研究から生まれた製品です。これらは鉄道軌道の建設や、建造物及び機械の弾性マウントに使用されるほか、建築部材として利用されています。 このサイトでは、当社製品の応用例、プロジェクト実績、そして当社の沿革などについてご覧いただけます。また、最新のイベントや見本市出展に関する情報をはじめ、当社が日々の業務を通じ、どのようにして騒音や振動の抑制のための価値ある貢献をするに到っているかなど、詳しい内容をご覧いただければ幸いです。