maxonのドライブシステムで再び歩行が可能に

Maxon Motor AG

Maxon Motor AGの「maxonのドライブシステムで再び歩行が可能に」

スイス製のモータが世界中で外骨格を駆動

チューリッヒで開催される第1回サイバスロンにおいて、世界中から研究者が集まり、下半身麻痺患者の歩行を再び可能にする最新式の外骨格を披露します。スイス製モータはこうした外骨格の開発の要となる部品です。

10月8日、チューリッヒで行われるサイバスロンで下半身麻痺のアスリート達が徒競走の順位を競います。外 骨格を装着した選手たちが障害物のあるコースで競うことによって、こ の分野の技術がどれほど大きく進歩しているかを世の中に伝える絶好の機会となります。

スイスは豊富なノウハウを有する国として重要な役割を担っています。多くの外骨格にはスイス・オ ブヴァルデン州で製造された部品が使用されており、外骨格の発達に大きく寄与しています。

火星から外骨格へ
ロボットスーツは、パワフルでありながらも非常に軽量でなければなりません。なぜなら、重 量が大きいとバッテリーがすぐに切れてしまうという問題があるからです。軽量化は開発者にとって大きな課題です。それは、外 骨格を動かすのに十分なパワーを持つモータは、サイズも大きく、重くなる傾向にあるためです。多くのエンジニアが、N ASAの火星ローバーのモータを開発した実績を持つスイスの企業、maxon motorを頼りにしているのもこのためです。m axonのドライブシステムは強力かつ軽量な上にエネルギー効率に優れており、バッテリーを長持ちさせます。さらに、長 寿命という特徴も持ち合わせています。

「当社では、数十年という時間をかけてモータの完成度を高めてきました」maxonのCEO、オイゲン・エルミガー氏は言います。こ のために多額の研究開発費が投じられましたが、それは見事に実を結びました。今では、スイス製のモータは、ロボットや航空機、自動車、医 療機器など、多岐に渡る分野で使用されています。

市場で優位性をもたらすノウハウ
しかし、大切なのは高品質の製品を提供することだけではありません。顧客に技術的なサポートを提供することも大きなポイントとなります。多 くの場合、中小企業やスタートアップでは専門的な知識が不足しており、ドライブシステム分野の具体的な課題に自社だけでは対応しきれず、m axonにその解決を依頼してきます。maxon motorは豊富な経験をいかして個々の課題に対応することで、国 外の競合他社と大きく差をつける強みを持っています。「豊富なノウハウを持ち、顧客に技術的なアドバイスを提供することで、当 社の市場における地位は非常に有利なものとなっています」エルミガー氏は言います。そのことはサイバスロンでも顕著に表れています。例えば、m axonはこれまでの経験から外骨格について熟知しており、適切なモータの選定の他にどういった要素が重要になるかを把握しています。その結果、 サイバスロン参加チームの多くがスイス製品を採用しているのです。同じことは、義手や義足、電動車椅子などの他の競技種目にも当てはまります。

スポンサーおよびパートナーとしてサイバスロンを支援
サイバスロンはスイス連邦工科大学チューリッヒ校によって運営されています。2 016年10月8日にチューリッヒのスイスアリーナで開催される第1回大会には、世界中から集まった80チームが参加する予定です。義足、義手、 外骨格、電動車椅子、筋電気刺激バイク、ブレインコンピュータインターフェイスの6種目のレースで競い合います。パラリンピックでは、最 新技術の使用は認められていません。しかし、サイバスロンでは最新技術はなくてはならない要素です。「健常者、障がいを抱えた人、科 学の間の垣根を取り払うことがサイバスロンの目的です」サイバスロンの創設者であるスイス連邦工科大学ロバート・リーナー教授は説明します。
スイスのドライブシステムのスペシャリスト、maxon motorはスポンサーそしてパートナーとしてサイバスロンを支援しており、参 加チームのための作業場、そしてプロテーゼ開発の歴史を展示する小さいブースを会場に設けます。

その他のニュース

パワフルなコンパクトドライブ、医療技術や航空宇宙産業における新たな潮流、そして風変わりなヘビ… 11月26日から28日までドイツのニュルンベルクで開催される見本市SPSで、maxonが紹介するのはこれだけにとどまりません。
デジタル化とオートメーション化は、私たちが製品を開発・生産する方法を根本的に変えていくことでしょう。 さて、具体的には何がどう変わるのでしょう? よく使われている「スマートファクトリー」という言葉は、いったい何を意味するのでしょうか? maxonのマガジン「driven」の最新号では、こうした問いにお答えします。
米航空宇宙局 NASA は2 年後を目処に新たな探査車(ローバー)を火星に送り込む予 定です。搭載が予定されるのは、初の火星空撮画像を撮影する小型ヘリコプターです。 そのローターはスイス製の頑丈なDC モータがコントロールします。
マクソンモータのブラシレスDCモータ、EC-i 30

高トルクが特長のマクソンモータのブラシレスEC-iモータに、直径がさらに小さくなったバージョンが登場。さまざまなバリエーショ...
所在地
Brünigstrasse 220
6072
Sachseln
スイス
業種
製造元
輸出地域
グローバル
証明書
ISO 9001
ISO 14001
ISO 13485
創立
1961
管理
Eugen Elmiger
従業員
1800

Maxon Motor AGについて

マクソンモータは、出力500 Wattまでの高品質ドライブ・コンポーネンツとシステムを世界中に供給しています。お客様一人ひとりの高いモータ品質の要求にもお応えします。 マクソンモータは1961年にスイスで設立されました。現在では世界中で2,000人を超える従業員が働いています。