カタログ
カタログ

KARL MAYER Holding GmbH & Co. KG

KARL MAYER Holding GmbH & Co. KG

KARL MAYER Holding GmbH & Co. KG

31.07.2022 01:07

2022年7月25日、ロイトリンゲン-ベッツィンゲンにて、政府および行政の重要な代表者を招いて、STOLL新顧客センターの開所式を行いました。

7月25日、カール・マイヤーグループのビジネスユニットであるストールは、ロイトリンゲン-ベッチンゲンに新しいカスタマーセンターを開設し、ロイトリンゲン西部の新拠点への移転を完了しました。1987年、最初の生産拠点が市街地から移転されました。その後、2004年に残りの生産拠点を移転し、2020年には新しい開発拠点に移転しました。

当面の間、新社屋のオープニングセレモニーは、より地域に密着した形で行われました。来賓として、ローランド・ヴィンツェン財務経済市長、ニコル・ホフマイスター・クラウト経済大臣をはじめ、ストール社関係者、プロジェクトの設計・施工会社、近隣住民の方々が出席されました。顧客やその他のビジネスパートナー、従業員のための落成式は、2023年に予定されています。150周年記念の冠をつけるものです。

新社屋は、業界関係者との交流の場として、すでにオープンしています。「新しいカスタマーセンターは、繊維のバリューチェーンに関わるパートナーにとって、刺激的な出会いの場となることを目的としています。交流や共同プロジェクトを通じて、横編みに関連するイノベーションを推進したいと思います」と、STOLLビジネスユニット長のAndreas Schellhammerは歓迎のスピーチで述べました。

繊維産業における協力は、STOLLにとって新しいことではありません。しかし、新しいのは、この近代的なカスタマーセンターが提供する可能性です。ワークショップ、ストールの最新トレンドコレクションを展示したショールーム、豊富なサンプルアーカイブが、お客様を実験、研究、情報収集の場としてお迎えします。最新鋭の設備は、知識を習得するためのトレーニングコースにも利用できます。また、最大30台の横編機、仕上げ技術、デジタルツールなどの設備が整ったマシンパークもあります。機械やソフトウェアの開発、テキスタイルの応用分野の専門家が技術サポートを提供します。これらのノウハウや機械技術は、既存のお客様や初心者のお客様にも提供され、お客様独自のアイデアをテキスタイルソリューションとして完成させることができます。このサービスは、KARL MAYERグループの新しいTexLabフォーマットの一部であり、将来的には全世界で展開される予定です。「お客様はここで、STOLLの革新的な強みを知ることができます。建物の外観は非常に印象的ですが、中に入るとさらに印象的です」とNicole Hoffmeister-Krautは説明します。

ロイトリンゲン・ベッツィンゲンの新しいミーティングポイントは、顧客志向と代表的な建築物によって、包括的な意義を持っています。「このカスタマーセンターは、カール・マイヤーグループにおける横編みの技術革新の拠点であり、技術革新のリーダーシップに根本的に貢献します」とAndreas Schellhammerは述べています。

カスタマー・センターの建設にあたっては、目的や外観に加えて、サステナビリティの問題も重要視されました。床面積約5000m²の建物は完全断熱構造で、空調の大部分をヒートポンプシステムでまかない、最大100人の従業員の仕事場はLED照明で明るく照らされています。

その他のニュース

APPALACHIAN ELECTRONIC INSTRUMENTS INC.(AEI)とKARL MAYER GROUPは、2022年8月2日、AEIがYTCヤーンテンショナー技術をKARL MAYERに移管することに合意しました。
HKS 3-M ON、経編織物のデザインに最大限の柔軟性を発揮
ランジェリーやスポーツウェアに力を発揮する新素材「HKS 2-SE PLUS ツイルステッチ」。
KARL MAYERグループのTechtextilを成功させる、21. - 2022年6月24日、ドイツ、フランクフルト・アム・マインで開催。
2020年からKARL MAYERグループのビジネスユニットとして活動しているSTOLLは、初のSTOLL Daysの成功を喜ばしく思っています。2022年6月7日から10日にかけて、ノースカロライナ州グリーンズボロにあるKARL MAYER North Americaの新しいTexLabで開催され、100人以上の来場者がありました。ゲストの多くはアメリカやカナダから来た。その多くは2日間滞在し、充実したイベントプログラムに参加されました。ハイライトは、初公開のモデルを含むさまざまなマシンの実演です。また、セミナーやワークショップでは、新しいテキスタイル製品のデザイン、新しいデザインソフト、様々な外部パートナーからの革新的な技術などが紹介されました。また、ストールは最新のファッション・トレンド・コレクション「ワンダフル」や、他の産業向けの革新的なフラットニット製品も展示しました。
Lotustex Textile社がKARL MAYER社のPRODYE®-Sスラッシャーインディゴ染料シリーズに自動バッチチェンジシステムLINK-MATIC®を初めて導入しました。