カタログ
カタログ

E+E Elektronik GmbH

E+E Elektronik GmbH

  • DIN EN ISO 9001
  • DIN EN ISO 14001
  • IATF 16949

E+E Elektronik GmbH

  • DIN EN ISO 9001
  • DIN EN ISO 14001
  • IATF 16949

01.06.2021 02:06

E+E Elektronik、CO2ガス濃度の国家計量標準を提供

センサーのスペシャリストであるE+Eエレクトロニクの校正ラボは、オーストリア連邦計量・測量局(BEV)から、CO2ガス濃度の国家計量標準(エタロン)の提供を委託されました。これにより、エンガヴィッツドルフの校正専門家は、湿度、露点、風速に続く物理量の国内最高計量機関となりました。BEVの指定機関であるE+Eエレクトロニック社は、これらの物理量について、国家計量機関レベルの特別な校正を行う権限を有しています。

国家計量機関(NMI)(オーストリアではBEV)またはその指定機関は、国の計量階層の最上位に位置しています。拘束力のある国家計量標準(エタロン)を提供することで、法定計量と国際的に認知されたSI単位系との接続を確保し、世界的に比較可能な標準を保証しています。

E+Eの校正ラボは、2004年から湿度と露点、2011年からは風速について、この重要な任務を任されています。2021年4月には、CO2ガス濃度の指定も受けています。

指定機関 BEV / E+E Elektronik

指定機関であるE+E Elektronikは、計量学の現状と要求に応じて、国内のエタロンを維持し、さらに発展させることを約束します。そのための前提条件として、必要な計量の専門知識と設備に加えて、EN ISO/IEC 17025に準拠した厳格な品質管理システムを備えています。さらに、E+E Elektronikは、BEVおよび国際的な校正専門家による定期的なモニタリング監査を受けています。

各国のエタロンの同等性と国際的な承認を確保するために、E+E Elektronikは、CIPM/BIPM(Comité International des Poids et Mesures / Bureau International des Poids et Mesures)またはEURAMET(European Association of National Metrology Institutes)による主要な比較に参加しています。さらに,E+Eエレクトロニクは,関連する物理量の計量分野の国際委員会にも参加している。

指定機関の校正・測定能力(CMCデータ)は,BEV/E+Eエレクトロニクの名称でBIPMの主要比較データベース(KCDB)に掲載されている。CIPMの相互認証協定(MRA)により、E+E ElektronikはBEV/E+Eの校正証明書にCIPM-MRAのロゴを表示することができます。

「湿度、露点、風速に続き、CO2ガス濃度についてもBEVの指定機関となったことは、私たちにとって喜ばしいことです。

Accredited Calibration Laboratory

E+E Elektronikは、指定機関としての特別な校正に加えて、物理量である湿度、露点、CO2、風速、気流、温度、圧力の認定を受けた測定器の校正も行っています。このため、E+Eエレクトロニック社は、オーストリア国家認定機関/デジタル・経済連邦省の識別番号0608により、EN ISO/IEC 17025に準拠した校正試験所として認定されています。いわゆるISOや社内校正とは対照的に、認定校正の決定的な特徴は、測定結果が国家標準にトレーサブルであること、つまり国際的な比較が可能であることです。

E+Eの校正ラボが提供するサービスの詳細については、www.eplusecal.com をご覧ください。

その他のニュース

E+E Elektronikの湿度・温度センサEE212は、気候技術、農業、製薬産業における困難な測定タスクに適しています。モジュラープローブデザインにより、センシングモジュールは必要に応じて現場で直接簡単に交換できます。E+Eセンサのコーティング、幅広いフィルタキャップの選択肢、IP65/NEMA 4の堅牢な筐体により、厳しい作業環境下でも正確で信頼性の高い測定が可能です。