カタログ
カタログ

MICRO-EPSILON Messtechnik GmbH & Co. KG

MICRO-EPSILON Messtechnik GmbH & Co. KG

MICRO-EPSILON Messtechnik GmbH & Co. KG

19.05.2023 01:05

安全性と安定性を向上させる:鉄道交通用センサー

マイクロイプシロンセンサは、鉄道交通や鉄道における主要な測定変数を確実に測定・監視します。これにより、安全性とスムーズなプロセスを大幅に向上させることができます。マイクロイプシロンセンサは、鉄道だけでなく、測定車両、制御システム、測定機にも使用されています。

鉄道ネットワークや鉄道車両の利用が増加するにつれ、定期的で信頼性の高い高精度な測定が必要となります。マイクロイプシロンセンサは、鉄道車両、ワゴン、ホイールタイヤ、ブレーキ、軌道、レールの安全性と安定性に重要な貢献をしています。特に、タイヤのプロファイル、傾斜角度、振動、レールのプロファイル、車軸のベアリングギャップ、リフトの高さ、高速鉄道のレールの摩耗などを検出するために使用されます。

測定は、誘導センサー、渦電流センサー、レーザースキャナー、傾斜・加速度センサーなど、さまざまな測定原理を用いて行われます。これらのセンサーは、天候や砂埃、振動などの悪条件下でも正確な結果を出さなければならないことが多い。

例えば、渦電流センサーeddyNCDTは、高速鉄道のアクスルボックスのオイルギャップを連続的に監視するために使用されています。レーザーセンサーは、特に予防措置として列車のプロファイルアセンブリ全体を検出し、再整備のためのメンテナンス日を設定することができます。堅牢な磁気誘導センサーは、屋外での使用に適しており、長期間安定した測定結果を得ることができます。これにより、特に交通量の多いカーブでは、非常に大きな負荷がかかるカーブ内のコンクリート枕木の移動と変形について結論を出すことができます。

induSENSOR EDSシリーズの誘導型変位センサは、高速列車に搭載され、車体の傾きを測定します。これにより、乗客にかかる横方向の加速度力の影響を軽減することができます。

その他のニュース

タイヤのプロファイル測定と直径決定
optoNCDT 1900シリーズのレーザーセンサーは、自動車や航空機のタイヤを装着する前に、ラジアル方向と横方向...

optoNCDT1900レーザー三角測量センサーは、工業プロセスにおける自動化された変位、距離、位置測定に使用される。自動車製造、3Dプリンティング、三次元測定機、射出成形、パッケージング、CN...

マイクロイプシロンの共焦点クロマチックセンサーシステムはユニークで高精度です。変位、距離、位置の測定に使用されます。confocalDT IFD241x シリーズは、コントローラ一体型の高性能コ...

reflectCONTROLセンサーは、反射部品や光沢部品の高精度3D測定が必要な場合に使用します。この技術は、ナノメートルの精度で高い測定レートを実現するため、特に平坦な表面で威力を発揮します...

confocalDT IFD2410およびIFD2415コンフォーカルコンパクトセンサーは、産業用イーサネット(EtherCAT)を内蔵したオールインワンハウジングで最高の性能を発揮します。IP65準...

マイクロイプシロンのレーザーセンサoptoNCDT 1220は、検査装置の部品の幾何学的測定に使用されます。特に、連続生産されるプラスチックやアルミダイキャスト部品の公差を監視します。