圧縮コイルばね

Ming Tai Industrial Co., Ltd

Ming Tai Industrial Co., Ltdの圧縮コイルばね

定荷重バネは、鋼帯を巻き曲げ加工でコイルにして製作しますが、作用する荷重はほぼ一定のまま保持され、コイルを元に戻そうとする動きに抵抗します。従来の線バネと比較したとき、定荷重バネは、初期のたわみが短く、バネが伸張する間に作用する荷重は常に一定で、目標とする荷重に短い伸びで到達しながら、同時に、伸張できる容量は長いという利点があります。

圧縮コイルばねの他の製品

ブッシュホルダー向けには、多様なバネから幅広い選定が可能です。ブラシ長を問わず、整流子に作用する圧力は一定です。ブラシ寿命を向上させ、電食を低減します。モーター全体の径を小型化したコンパクトな設計により、ブラシは、より長く、整流子は、より大きくでき、さらにスパーク発生を低下させ、電磁干渉(EMI)による影響を緩和するという特徴があります。
所在地
No.51-12, Pei Tao Li
251
Tamsui
台湾
業種
製造元
輸出地域
グローバル
証明書
DIN EN ISO 9001:2000
創立
1966
管理
Shyue-Sheng Chen
従業員
49

Ming Tai Industrial Co., Ltdについて

当社は、ステンレス鋼帯のバネ専門メーカーとして、一般のバネ、定荷重バネ、定トルクバネ、カーボンブラシ用の定荷重バネ、渦巻きバネ、不定荷重バネ等を製造しております。弊社のバネは、すべて、スリット加工、熱処理、エッジ部のトリミング、成形の工程を経て製造し、最高の製造品質を確保するよう徹底しております。そして、世界各国に向けて随時、製品を出荷、輸出する態勢を整えております。