カタログ
カタログ

Systea GmbH

  • EN 1090

06.10.2021 00:10

クルーズターミナル オストシーカイ

古いものと新しいものをうまく組み合わせた

デンマークの受賞歴のある集合住宅、フランスの素晴らしい美術館、ルクセンブルグの給水塔など、世界中のビルのオーナー、建築家、プランナー、ファサードインストーラーが システアのソリューションを選択しています。特に代表的な建築物に関しては、高品質で耐久性のある下部構造システムが好まれています。これは、システアのソリューションが、商業施設、住宅、公共施設などにかかわらず、あらゆるタイプの建築プロジェクトに使用できることを示しています。

キール港の既存のOstseekaiターミナルの北側の接続部には、3,700m²の面積に別のターミナルが建設されました。新しいクルーズターミナルは、既存のターミナルビルと一緒に、アンサンブルの一部として設計されています。ファサードの丸みを帯びた形状が、来客者の流れや通路のラインを拾い上げ、一体化したコンポーネントとして建築に組み込むことで、建物はその動きを反映したものとなっています。
ファサードの特徴は、透明性をもたらす大きなガラス面と、屋根裏やエントランス部分にカーブして目立たないように固定されたAlucobondカセットです。また、吊り天井には、平らで目に見える形で固定されたAlucobondパネルが使用されています。