カタログ
カタログ

MICRO-EPSILON Messtechnik GmbH & Co. KG

MICRO-EPSILON Messtechnik GmbH & Co. KG

MICRO-EPSILON Messtechnik GmbH & Co. KG

02.08.2022 11:08

EtherNet/IPインターフェース内蔵の高性能レーザーセンサ

MICRO-EPSILON Messtechnik GmbH & Co. KGのoptoNCDT 1900シリーズレーザーセンサーは、特にコンパクトで高性能なセンサーです。今後、変位・距離センサは、産業環境に組み込むための選択肢をさらに増やします。EtherCATインターフェイスを内蔵したセンサに加え、EtherNet/IPインターフェイスを内蔵したモデルも新たにラインアップしました。このセンサーは、電池や電子機器の製造、包装機、ロボットアプリケーションなど、非常に高速なプロセスで特にその強みを発揮します。

レーザーセンサー「optoNCDT 1900」は、変位と距離を極めて正確に、高速で測定します。また、新たにEtherNet/IPインターフェースを搭載し、信頼性の高い産業用接続のための新たな選択肢をポートフォリオに加えました。EtherCATインターフェイスを内蔵したモデルもすでに用意しています。多くのアプリケーションでは、複数の機器や機械の緊密なネットワーク接続が必要です。これは、最新のフィールドバスシステムによって実現されることが多い。産業用イーサネットコントローラへのマイクロイプシロンセンサの統合は、統合されたインターフェースによって容易に行うことができます。

このレーザーセンサーは、高性能・高精度でありながら小型であることが特徴です。変位や距離の計測を非常に高速で行うことができ、特に高速で処理されるプロセス用に設計されています。射出成型機、包装機、CNC機械、電池産業、スマートフォン生産、ロボットアプリケーション、木材加工などに使用されています。

産業用イーサネットを介した直接データ出力により、追加のA/D変換による時間遅延を回避することができます。また、オーバーサンプリング機能により、測定値の高速記録にも貢献しています。これにより、PLCの問い合わせサイクルに比べて4倍の速度で測定値を記録・送信することが可能になった。

その他のニュース

マイクロイプシロンの最新内視鏡は、狭い設置スペースでも精密な検査を可能にし、同時に操作性の良さも兼ね備えています。硬性内視鏡や軟性ビデオ内視鏡は、熱電併給プラントにおける大型エンジンの精密検査な...

マイクロイプシロンの静電容量式センサーを搭載した新しいマウンティングブラケットは、両面厚み測定において高精度の測定結果を保証します。

粗い、つや消し、光沢のある金属製のワークを加工する場合、寸法精度と表面仕上げの両方が品質と機能性の決定的な要因になります。新しい光ファイバーセンサー optoCONTROL CLS1000 は、...

渦電流システムは、高性能でありながら、使い勝手が良く、価格性能比に優れていることが特徴です。これらの電磁誘導式変位測定システムは、世界最大のセンサーポートフォリオを利用できるため、最高のアプリケーション多様性を提供します。

scanCONTROL 30xxシリーズのレーザープロファイルスキャナー用新ファームウェアV53を公開しました。新バージョンでは、特に露光時間を最適化しました。これにより、露光時間を最大80%短...

マイクロイプシロンの白色光干渉計は、優れた精度と絶対的な測定値を特徴としています。この産業用デバイスは、機械に組み込むためのインライン使用にも、実験室での使用にも適しています。白色光干渉計は、距離や厚みを測定し、ナノメートルの精度とピコメート ルの分解能を実現する装置です。