カタログ
カタログ

Eppendorf SE

  • DIN EN ISO 9001
  • ISO 17025
  • ISO 13485
  • ISO 14001

Eppendorf SE

  • DIN EN ISO 9001
  • ISO 17025
  • ISO 13485

27.11.2021 03:11

エッペンドルフ、特別なピペットの60歳の誕生日を祝う

2021年は、研究室で働くすべての人にとって重要な節目となる年です。今から60年前、エッペンドルフは世界で初めて工業的に製造されたピストン式ピペットを発売し、実験室での液体の取り扱いを大きく変えました。1961年に発売されたエッペンドルフの「マールブルグピペット」は、現在も実験室で使用されている基本的な機能を備えています。

An ingenious mind tackles a problem
1950年代まで、科学者は口移しで液体を細いガラス管に吸い込ませていました。硫酸などの危険な薬品を使ってピペットを洗浄していただけでなく、腸チフス菌やプルトニウムなどの危険な物質を口移しで摂取していたという逸話もあります。ドイツ人医師のハインリッヒ・シュニッツァーは、口移しでのピペッティングの不十分さに不満を抱き、「少量の液体を迅速かつ正確にピペッティングするための装置」を開発し、1958年に特許を申請しました。

エッペンドルフがその可能性に着目
エッペンドルフは、シュニッツァーの発明の重要性にいち早く着目し、さらに開発を進めました。その成果が、1961年にエッペンドルフが発売した世界初の商用ピストン式ピペット「マールブルグピペット」に結実しました。マールブルグピペット」は、エッペンドルフ初のマイクロリットルチューブ(「エッピ」)、マイクロリットル遠心分離機、サーモミキサーとともに、エッペンドルフのマイクロリットルシステムを形成しました。

A promising future
エッペンドルフが、科学に根本的な革命をもたらした初の市販ピペットを発表してから、実に60年が経過しました。エッペンドルフのDNAは、その後製造されたすべてのピ ストンストロークピペットに受け継がれています。しかし、物語はこれだけでは終わりません。エッペンドルフは、最高のリキッドハンドリングソリューションを提供するために、革新的なデザインを続けており、実験室での作業をより効率的で安全なものにしています。今日、エッペンドルフのお客様は、リキッドハンドリングのニーズを満たし、研究をさらに加速させるために、様々な機器、消耗品、サービスを選択することができます。


その他のニュース

Hamburg, January 2022

地球温暖化は人類の課題であることを、グラスゴーが再び思い出させてくれました。持続可能性の議論は、主にエネルギー消費に焦点を当てて...

エッペンドルフのリサーチ®プラス(容量可変式シングルチャンネルピペット)が、非営利団体「My Green Lab®」による環境影響度評価(ACT®)を受けました。ACTラ...

  • "科学における女性の地位向上 "への支援
  • クリスマスの寄付により、20名の女性ポスドクが管理職の女性科学者のためのプログラムに参加可能に
  • こ...

ライフサイエンスのリーディングカンパニーであるエッペンドルフは、実験室での作業効率を高めるために設計された新しい遠心分離機「セントリフュージ5910 Ri」を発表しました。 この新しい遠心分離機...